--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2009'08.28.Fri

最近の

世論がもうよくわかりません・・・

以下、個人的で誰を批判するわけでもない意見です
いや批判してるのかなこれ…でも本気で批判するんだったらそれ相応の場にでなければと私は思うし、やっぱりただの消極的な意見で個人的な考えです。あれ、うん、愚痴だな。
結局右とか左とかいう前に、自分の目で見て、聞いて、確かめた事実じゃないと信じちゃいけないんだなって。
ネットって信用ならないんだな…否定の意見も肯定の意見もあふれてるじゃない。だから、実際、体験した人じゃないと分からないじゃない。

うーん…それでも私は左寄りの親に育てられちゃってるからそういう考えが染み付いちゃってて、やっぱり見方が左なんだなと思う。核保有とか大戦の是非よりも、もう二度と戦争起こしてほしくない。軍事力強化してほしくない。自慰国家なら自慰国家でいいじゃない、って思ってしまう…金せびられるのは拒否してもいいと思うけどさ。あともう謝罪したんだからこれ以上責め立てられる義理もないと思う。だけど、だけどもう二度と戦争なんて起こしてほしくない…んだ…
自国が正当性を持っていて、間違ったことはしていないっていう意識を持って、それが愛国心なのかな?愛国心ってそれだけのことなのかな?
私はやっぱり興味がないのかもしれない。だったら非国民かな。過去が間違ってたかどうかは確かに重要だけど、それよりも今何ができるかを考えたほうがいいじゃない。

世の中、私は右の人が多いんだと思って生きてきて、だから諦めてたんだけど、こういう風に左が少しでも強くなると右は左を叩き始めるんですね。でも右が強いときは左が右を叩いても、右は余裕でいられる。力の均衡として当然のことで、国がどっちかに完璧に染まることなんてないんだろうなぁ。昔は、そうだったの…かな。
でも多くの人が亡くなった戦争を、自分たちは罠に仕掛けられて向こうが悪かったって、それが事実だとしても、肯定して何が楽しいのかな…。亡くなった方に敬意を払うことが肯定であるのか、否定であるのか、私には分からない。戦争は間違ってたっていっても、間違ってなかったっていっても、亡くなった人は二度と口を開けないんだからな…。
でも何もこの8月に、と思っちゃうのは、やっぱり私が左寄りだからかなぁ。まるで隣の国を悪いように言いたくないのは、私がひよってるからかなぁ。そうだとは思ってるけど認めたくないのは確か…だって分かり合えないなんて、最初から諦めたくないじゃない。そりゃむかつくことだってたくさんあるけど、でもそれはうちの国だって一緒だろ。考え方違うんだから…

わかんないなぁ。わからないまま、投票にいくことになって残念だけど、今の私の率直な意見を表すしかない。
とりあえずネットに左右されてる若者は、どっちかに偏ることはしないでほしいなーと思います。2525とか見てると切ないもんな…擁護と賞賛ばかり。どっちの意見だってあったっていいと思うのに。マスコミは確かに報道しないことばかりで信用ならないけど、だからってネットに頼りすぎるのだって同じだって思いました。
日記トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。